ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

Unity エフェクトサンプル Shuriken:雨エフェクト(講義)

雨エフェクトのサンプルデータ

f:id:KTK_kumamoto:20160509212659g:plain

unitypackageのダウンロードは、こちらから。

※Unity Ver5.2のデータです。

Rain_Effect.unitypackage

 

このエフェクトのポイント

・Sub Emittersの使用テクニック

・Sub EmittersのCollisionを使用したテクニック

 

ここでは、Sub EmittersのCollisionを使用したエフェクトの紹介をします。

エフェクトの流れは、雨粒が地面(コリジョン)に当たったら、波紋エフェクトを出すという流れです。

 

まずは、雨粒のParticleSystemのモジュール[Sub Emitters]のCollisionに波紋用のParticleSystem(ring)を割り当てます。

f:id:KTK_kumamoto:20160509213304p:plain

 

 次にringのParticleSystemの設定で、[Emission]モジュールのBurstsのParticlesに1を入れます。

雨1粒に対して、1つの波紋(ring)が出るような設定です。

f:id:KTK_kumamoto:20160509213431p:plain

 

次にCollisionの設定をします。

Sub Emittersを割り当てている、親のParticleSystemの[Collision]モジュールの設定をします。

f:id:KTK_kumamoto:20160509213931p:plain

 

ここで各パラメータを以下の値に変更します。

f:id:KTK_kumamoto:20160509214336p:plain

Bounce:0 (跳ね返りの強さ)

Lifetime Loss:1(コリジョンに当たった時の寿命のロス)

Lifetime Lossに1を入れることで、コリジョンに当たった際に寿命が0になり、雨粒が消える設定になります。

 

そして、Planes の所にcollisionの位置を表すためのGameObjectを割り当てます。

今回作成している雨のエフェクトのTransform Positionは、Y:3の位置から雨を降らせるようにしています。

CollisionのTransformようの空のGameObjectを作ります。

col_posと名前をつけて、Transformの値をリセットした状態にします。

f:id:KTK_kumamoto:20160509214913p:plain

 

そして、Sub Emittersを使用している親のParticleSystem(Rain_Effect)の子にします。

f:id:KTK_kumamoto:20160509215141p:plain

 

最後に[Collision]モジュールのPlanes にcol_posを割り当てたることで、[Sub Emitters]で割り当てた、collisionのParticleSystem(ring)が生成されるようになります。

f:id:KTK_kumamoto:20160509214013p:plain

 

 

unitypackageのダウンロードは、こちらから。

※Unity Ver5.2のデータです。

Rain_Effect.unitypackage

 

パッケージの中身の修正変更など、ご自由にご使用ください。

 

※以下、宣伝です。※
Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法
こちらの本を執筆させて頂きました。
本書はUnityに備わっているShurikenというParticle Systemを使用し、ゲームを盛り上げるためのエフェクトを作成する手順を紹介した書籍です。