ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

Unity エフェクトサンプル Shuriken:毒の沼エフェクト(講義)

毒の沼エフェクトのサンプルデータ

unitypackageのダウンロードは、こちらから。
※Unity Ver5.2のデータです。

 ※2017/4/17追記 DropboxのPublicフォルダ廃止にあたり、サンプルデータのリンクを変更しました。 GitHubにアップしましたので、下記リンク先よりご自由にダウンロードをお願いします。 UnityEffectSample/PoisonSwamp/ GitHub - ktkkumamoto/UnityEffectSample DL方法:リンク先のページ内、右上の緑色のボタン:「Clone or download」を押して、Download ZIPを選択  

 
 
このエフェクトのポイント
・Gravityをマイナスに入れて、フワッと上がる動きの表現
・毒をイメージする紫色のイメージ
・Horizontal Billbordを使用した床にエフェクトを敷く表現
 
 
まずは、床に毒沼の範囲を表すサイズの煙エフェクトを配置します。
[Renderer]モジュールのRendereを「Horizontal Billbord」に変更します。
パーティクルが床と平行になります。

f:id:KTK_kumamoto:20160511212453p:plain

 
地面にめり込むといけないので、ほんの少しだけ浮かします。
Transform Position Y:0.01(この値は任意です)

f:id:KTK_kumamoto:20160511212556p:plain

 

次に床からエフェクトが飛ばないようにするため、Start Speedを0に設定します。

f:id:KTK_kumamoto:20160511212940p:plain

 

次に適当な範囲にエフェクトが出るように、サイズ(Start Size)、範囲(Shape)、発生個数(Emitter)を編集します。

f:id:KTK_kumamoto:20160511213154p:plain

 
パーティクルの色を紫と濃い紫色のランダムな色設定(Start Color)を行い、カラーアニメーション(Color over Lifetime)を加えます。

f:id:KTK_kumamoto:20160511213351p:plain

f:id:KTK_kumamoto:20160511213400p:plain

 

サイズのアニメーション(Size over Lifetime)をつけます。
毒沼の汚れが、小さい状態から広がるような演出イメージです。

f:id:KTK_kumamoto:20160511213557p:plain

 
これで毒沼のベースが出来ました。

f:id:KTK_kumamoto:20160511213712p:plain

 
次に、ポコポコ湧き出る泡(bubble)を追加します。
パーティクルのサイズや発生範囲と速度などを適当な値で入れます。
この時Gravityの値にマイナス値を入れることで、フワッと浮き上がる動きが表現できます。

f:id:KTK_kumamoto:20160511214020p:plain

 
いい感じの設定に調整が出来たら、複製を行い舞い上がる霧(smoke)を作ります。
マテリアルを煙のマテリアルに変更して、各パラメーターを調整します。
発生個数やサイズや速度などを変更しています。

f:id:KTK_kumamoto:20160511214202p:plain

 
以上で完成です。 

f:id:KTK_kumamoto:20160511214250g:plain

 
unitypackageのダウンロードは、こちらから。
※Unity Ver5.2のデータです。 

 ※2017/4/17追記 DropboxのPublicフォルダ廃止にあたり、サンプルデータのリンクを変更しました。 GitHubにアップしましたので、下記リンク先よりご自由にダウンロードをお願いします。 UnityEffectSample/PoisonSwamp/ GitHub - ktkkumamoto/UnityEffectSample DL方法:リンク先のページ内、右上の緑色のボタン:「Clone or download」を押して、Download ZIPを選択  

  
パッケージの中身の修正変更など、ご自由にご使用ください。
 

※以下、宣伝です。※
Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法
こちらの本を執筆させて頂きました。
本書はUnityに備わっているShurikenというParticle Systemを使用し、ゲームを盛り上げるためのエフェクトを作成する手順を紹介した書籍です。