ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

Unity エフェクトサンプル Shuriken:弾けるエフェクト(講義)

弾けるエフェクトのサンプルデータ

unitypackageのダウンロードは、こちらから。
※Unity Ver5.2のデータです。
このエフェクトのポイント
・subemitterを使用している
・徐々に大きくなる
・弾ける瞬間は、飛散するパーティクルのサイズを大きくする
・飛散するパーティクルのサイズは、すぐにある程度小さくなって、緩やかに縮小して消える
・各種速度やサイズにランダムな幅をもたせる
・逆重力を入れて、動きに面白さを出す
 
パラメータで特に注目してほしい所は、【sub_Particle System】の[Size over Lifetime]モジュールのカーブの形です。

f:id:KTK_kumamoto:20160503071207p:plain

上記のエフェクトのポイントに書いてある通り、最初に大きな状態から、すぐにある程度小さくなって、緩やかに消える見た目にしています。
 
下図のカーブと比較すると、

f:id:KTK_kumamoto:20160503071224p:plain

 

f:id:KTK_kumamoto:20160503191919g:plain

 

 
下図のカーブの方が、動きに緩急があり気持ち良いと思います。

f:id:KTK_kumamoto:20160503071242p:plain

f:id:KTK_kumamoto:20160503192005g:plain

 

 

気持ち良さは、人によって違うかもしれませんが…(^_^;)
 
unitypackageのダウンロードは、こちらから。
※Unity Ver5.2のデータです。
PopParticle_Effect.unitypackege
パッケージの中身の修正変更など、ご自由にご使用ください。 
 
※以下、宣伝です。※
Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法 
こちらの本を執筆させて頂きました。
本書はUnityに備わっているShurikenというParticle Systemを使用し、ゲームを盛り上げるためのエフェクトを作成する手順を紹介した書籍です。