ゲーム開発奮闘記

Unity・エフェクト・アプリ開発に関係した記事を書いています

Unity Render Pipeline メモ

今後のUnityのレンダリングの動向を調べるためのメモ (現在編集中:2019/02/07)

http://tips.hecomi.com/entry/2018/02/19/000846
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/01/18/2018-and-graphics/
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/01/31/srp-overview/
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/02/21/the-lightweight-render-pipeline-optimizing-real-time-performance/

■Unity Built-in Pipeline と Lightweight Pipelineの機能比較の資料の理解
https://docs.google.com/document/d/1MgoycUhS9xQKXxbTy1yHt7OCByI10rds3TyRBCSlFmg/edit

Houdini + Unity HDAの作り方 とHoudini Engine Unity

ここではHoudiniで作成したHDAデータ(Houdini Digital Asset)をUnityへ持っていく手順をまとめます。
Houdiniで作成した色々な処理を、Unity内でも行えるようにする方法です。
f:id:KTK_kumamoto:20190203085548g:plain

※Houdini Engine for Unityのパッケージは、HoudiniのライセンスでHoudini Engine、Houdini Core あるいはHoudini FX、Houdini Engine Indieのライセンスが必要のようでした。2019/02/06追記
Houdini Engine FAQs | SideFX


Houdiniの公式チュートリアルの2つ目の動画の手順の一部をまとめたものです。
GUARD TOWER 1 | GROUND PART 1 | CREATING THE GROUND ASSET
www.sidefx.com

■事前準備

1 Houdini Engine Unityのパッケージをダウンロードしてくる
www.sidefx.com
2 1. Download the Houdini Engineの項目の「DOWNLOAD INSTALLER」を選択
3 Side FXにログイン
4 Downloadボタンをクリック
f:id:KTK_kumamoto:20190128223947j:plain
5 ダウンロードされたexeを起動、houdini-17.0.146.exe



■全体の流れ

  1. HoudiniでHDAデータを作成する
  2. Unityに.hdaデータを読み込む
  3. UnityでHDAデータを編集してMeshデータを作成

HoudiniでHDAデータを作成する

  1. Houdiniを起動
  2. Network ウィンドウ内でGeometryを作成

f:id:KTK_kumamoto:20190128221020j:plain

  1. Geometryをダブルクリック
  2. Gridを作成

f:id:KTK_kumamoto:20190128221054j:plain

  1. Geometryノードに戻る(Uキー)
  2. Geometryノードを右クリック>Create Digital Asset...を選択

f:id:KTK_kumamoto:20190128221611j:plain

  1. Operator Name: 任意(ktk_grid), Oparator Label: 任意 (KTK Grid) , Save to Library : 任意 (C:/Users/ktkkumamoto/Documents/houdini17.0/otls/ktk_grid.hda) ←最後の拡張子を.hdaに変更する

f:id:KTK_kumamoto:20190128221747j:plain

  1. Acceptを選択 すると警告が表示されるので、Destroy All Spare Parametersを選択

f:id:KTK_kumamoto:20190128222109j:plain

  1. Edit Operator Type Propertiesウィンドウが開く、①Parametersタブを選択, ②Transform、Render、Misc、Renderable(renderable)を選択, ③Invisibleをチェック

f:id:KTK_kumamoto:20190128222257j:plain

  1. Invisibleのチェックによって、Parameterが非表示になる

f:id:KTK_kumamoto:20190128222504j:plain

  1. Edit Operator Type Propertiesウィンドウは開いた状態で、geometryの中のgridノードを選択
  2. SizeをEdit Operator Type Propertiesウィンドウ内のrootの下にドラッグアンドドロップする

f:id:KTK_kumamoto:20190128222744j:plain

  1. 同様にRowsとColumnsをrootの下にドラッグアンドドロップして、Acceptをクリック
  2. geo1の階層に戻る(Uキー)
  3. geo1を選択すると、パラメータが外に出ていることが確認できる

f:id:KTK_kumamoto:20190128223136j:plain

  1. 外に出たパラメータを変更すると、Gridの分割数やサイズが変更されることを確認する

f:id:KTK_kumamoto:20190128223359j:plain

  1. geo1を右クリック > Save Node Typeを選択

f:id:KTK_kumamoto:20190128223528j:plain

  1. Houdiniの作業は終了です!

Unityに.hdaデータを読み込む

  1. Unityを立ち上げる
  2. Houdini Engin Unityをインポートする。HoudiniEngineUnity.unitypackage (C:\Program Files\Side Effects Software\Houdini 17.0.352\engine\unity

)
f:id:KTK_kumamoto:20190203084150j:plain
f:id:KTK_kumamoto:20190203084109j:plain

  1. Houdiniで先ほど作成した.hdaデータをUnityのProjectウィンドウにドラッグアンドドロップします。 ktk_grid.hda (C:\Users\ユーザー名\Documents\houdini17.0\otls)

f:id:KTK_kumamoto:20190203084712j:plain

  1. ktk_gridをHierarchyにドラッグアンドドロップします。
  2. ktk_gridを選択すると、HEU_Houdini Asset Root(Script)が割り当てられており、Houdiniで設定したパラメータが追加されています。

f:id:KTK_kumamoto:20190203085051j:plain

  1. Size , Rows, Colummsの値を変えるとUnity内でMeshのセグメントやサイズを変えれる事が出来ました!

f:id:KTK_kumamoto:20190203085548g:plain

  1. 以上でHoudiniでhdaデータを作成し、Unityに取り込む手順のまとめでした。

■お勧め書籍!

Houdiniでエフェクト用Meshを作成するのにとても勉強になった本です。
こちらのだいふくさんの本でパラメーターを外に出す手順を繰り返し学習できます。
ぜひオススメさせていただきます!!!
effect.booth.pm

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-


こちらの本も興味がありましたら、よろしくお願い致します!
ktkkumamoto.booth.pm