ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

Unity エフェクトサンプル Shuriken:輝くエフェクト(講義)

輝くエフェクトのサンプルデータ

f:id:KTK_kumamoto:20160503195932g:plain

 

unitypackageのダウンロードは、こちらから。

※Unity Ver5.2のデータです。

Shine_Effect.unitypackage

 

このエフェクトのポイント

・Stretched Billboardの使用テクニック

・最初からループしているエフェクトにはPrewarmのチェックを入れる

・瞬きをスケール変化を加えることで表現する

 

 

[Renderer]モジュールの[Stretched Billboard]は、使用するのに結構癖がありますが、うまく使いこなせれば色々なエフェクト表現ができます。

今回のエフェクトの【particle】では、Start Sizeの値を小さくして、Speed Scaleの値に1を、Length Scaleの値に2を入れることで、細長いパーティクルの表現をしています。

f:id:KTK_kumamoto:20160506214908p:plain

さらに、[Size over Lifetime]モジュールのカーブと、[Shpae]モジュールのRadiusの値を変えることで、光の筋がエフェクトの中心からいい感じに広がるような見た目の調整を行っています。

f:id:KTK_kumamoto:20160506214919p:plain

 

f:id:KTK_kumamoto:20160506214549g:plain

 

 

unitypackageのダウンロードは、こちらから。

※Unity Ver5.2のデータです。

Shine_Effect.unitypackage

 

パッケージの中身の修正変更など、ご自由にご使用ください。

 

※以下、宣伝です。※
Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法 
こちらの本を執筆させて頂きました。
本書はUnityに備わっているShurikenというParticle Systemを使用し、ゲームを盛り上げるためのエフェクトを作成する手順を紹介した書籍です。