ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

Unity メモ :DrawCallについて

Unity statsでの表示により処理落ち具合を見つつデータ作成を行う。
今まで、全然気にしていませんでした。。。

・テクスチャーをアトラス化し、基本的に共有化すること。
・Renderer.materialを変更すると、共有化したマテリアルを使用していても、
 インスタンスされ、DrawCallが1カウントされる。

iPhone4 iPhone4Sでの目安。
200以上 15FPS
100以上 30FPS
50くらい 60FPS

【Unity】DrawCallについて
Renderer.materialを変更することでも、DrawCall+1のコストがかかる


人気ブログランキングへ