ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

アプリ鬼嫁3:ボタンの挙動について

今日の進捗

・ボタンサイズ調整
・ボタンの挙動を作成

以下がボタンに実装したスクリプトのサンプルです。

Test_Button.js

#pragma strict

private var incX  : float = 0.5;
private var incY  : float = -0.5;

var OffTexture : Texture2D;
var OnTexture : Texture2D;

function OnMouseDown()
{
	transform.position = Vector3(this.transform.position.x + incX, this.transform.position.y + incY, this.transform.position.z);
	renderer.material.mainTexture = OnTexture;
	Debug.Log("Button Down");
}

function OnMouseUp()
{
	transform.position = Vector3(this.transform.position.x - incX, this.transform.position.y - incY, this.transform.position.z);
	renderer.material.mainTexture = OffTexture;
	Debug.Log("Button Up!");

}

function OnMouseUpAsButton()
{
	Debug.Log("OnMouse Button Up!!");
}

ボタンを押した時にOnTextureを呼び出し、右下に少しずれる。Debug.Log("Button Down");
ボタンを話した時にOffTextureを呼び出し、元の位置に戻る。Debug.Log("Button Up!");
ボタンを押している状態で、ボタンのエリア内でボタンを離すとDebug.Log("OnMouse Button Up!!");。

サンプルTest_Button.unitypackageのダウンロード

再生プレビューは、以下の続きを読むからお願いします。

さぁ、今日も一日ガンバロー!


人気ブログランキングへ