ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

詳細! Objective-C iPhoneアプリ開発 入門ノート3 - オブジェクト指向プログラミングとは

詳細! Objective-C iPhoneアプリ開発 入門ノート1 - Xcode5の大まかな機能について

詳細! Objective-C iPhoneアプリ開発 入門ノート2 - Objective-Cのプログラム

Xcode5の入門書として[詳細! Objective-C iPhoneアプリ開発 入門ノート]を勉強中

Chapter2-3, 2-4(途中)について

オブジェクトとクラスについての図解を使った丁寧な説明です。

内容

Chapter 2-3 オブジェクト指向プログラミングとは

・オブジェクトとクラス

・クラスからインスタンスを作る

Chapter 2-4 クラスを利用する

・メッセージ式

・メソッドの形式の見方

 

学習結果

オブジェクト指向言語でいうところの「オブジェクト」とは、「プロパティ」と「メソッド」を持ったもの。

「プロパティ」とは、オブジェクトの属性。

「メソッド」とは、そのオブジェクトがもっているコマンドや関数などの機能の事。

「クラス」とは、オブジェクトのプロパティとメソッドを書いた仕様書、設計図の事。

2-4 メソッドの形式の見方で、Xcodeでクラスリファレンスの見方の説明があります。

この章は、また何度か読み返す事がありそうな所でした。

 

オブジェクトとクラスについての説明が分かりやすく、理解しやすい内容でした。

メソッドと、プロパティ、インスタンスについては、まだ理解が出来ていないので、

実際のコードを書きながら習得していく必要がありそうでした。

今後、どのようにオブジェクト、クラスを利用していくのか楽しみです。

 

引き続きChapter2頑張って読み進めます!