ゲーム開発奮闘記

現在の関心事:UnityでiOS Androidアプリを作る事。Unityに感謝してます!

書籍紹介:Unityの入門書としての1冊

 

突然ですが、Unityの入門書として是非お勧めしたい1冊があります。

私は、何度も読み返してお世話になった本です。

 

書籍タイトルは、

[Unity入門~高性能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~]

目次

Chapter 1 Unityスタートガイド

1-1 Unityとは

1-2 Unityの製品構成

1-3 Unityのインストール

1-4 デモを動かしてみる

Chapter 2 とりあえず何かを作ってみよう

2-1 バランスゲームを作る

2-2 板を作る

2-3 ボールを作る

2-4 物理挙動を付ける

2-5 キー入力を実装する

Chapter 3 モバイル用にビルドしてみよう

3-1 デスクトップとモバイルの違い

3-2 設計の見直し

3-3 iOS向けビルド手順

3-4 Android向けビルド手順

 

Chapter 4 迷路ゲーム

4-1 迷路ゲームのゲームデザイン

4-2 迷路と背景の構築

4-3 外壁と障害物の配置

4-4 ボールの作成

4-5 問題点の洗い出しと解決

4-6 制御スクリプトの追加

4-7 傾きの演出

4-8 トラップの追加

4-9 ゴールの作成

4-10 クリアメッセージの表示

4-11 タイトル画面の作成

4-12 見た目の改善

4-13 完成!

4-14 モバイル・プラットフォームへの移植

Chapter 5 ブロックシューター

5-1 ブロックシューターのゲームデザイン

5-2 部屋の構築

5-3 箱の作成

5-4 弾丸の射出

5-5 箱ジェネレーターの作成

5-6 「見えない壁」の作成

5-7 スコアの計測

5-8 GUIスキンの設定

5-9 時間制限の設定

5-10 結果画面の作成

5-11 ゲーム開始演出の作成

5-12 タイトル画面の追加

5-13 完成!

5-14 モバイル・プラットフォームへの移植

5-15 iOSプラットフォーム向けの微調整

Chapter 6 キャラクターを使ったアクションゲーム

6-1 アクションゲームのゲームデザイン

6-2 ステージの構築

6-3 キャラクターを使ってみる

6-4 Character Controllerを使ったプレイヤーキャラクターの実装

6-5 コインとトゲトゲの仮実装

6-6 ジェネレーターの作成

6-7 コインの取得とダメージのメッセージング

6-8 演出の追加と見た目の改善

6-9 サウンドの組み込み

6-10 仕上げをしよう

6-11 モバイル・プラットフォームへの移植

Chapter 7 次のステップへ

7-1 Unity Asset Store

7-2 Unity Answers

7-3 Unity Technologies公式ブログ

Appendix マテリアルの設定について

A-1 標準シェーダーの解説

A-2 法線マップの作り方

A-3 キューブマップの作り方

 

おすすめポイント

1つ1つの書くチャプターの内容が短く、短いスクリプトの内容を実行、結果をみながら簡単なゲームを作り上げていける事です。

さらに、PC用に作ったソースをモバイルプラットフォーム用に改良する内容と、

iOS用のビルドの手順が乗っていた事です。(Chapter 3-3 iOS向けビルド手順)

基本的なゲームの【タイトル】→【メインのゲーム】→【ゲームオーバー】などの流れが簡単な内容で書かれています。

Chapter 3の内容は、ゲームを作る為の一通りの流れが網羅されているので、

何度も読み返すと簡単なミニゲームが作れるようになると思います。

 

 以上がおすすめ内容です。

もしUnity本で迷っていたら、是非手に取って検討してみてください!